ウォーターサーバーの軟水と硬水ってどう違うの?

最近よく耳にするウォーターサーバー。 水を選ぶ際に軟水と硬水とがありますが、その違いはなんでしょう。
成分的なことで言えば、ミネラル(カルシウム・マグネシウムなど)が高いのが硬水、低いのが軟水となります。
硬水は汗をかいたスポーツの後や妊婦さんのカルシウム摂取などに良いとされています。又便通を良くするということで、好んで硬水を摂る女性も多くいますが、お腹の弱い方には量を控えたほうが良いかと思います。
軟水は硬水よりも口当たりがやわらかで、だしやお茶が上手く出たり、お米が美味しく炊けるといわれています。
乳幼児には刺激の少ない軟水が合い、母乳が出るお母さんも軟水を摂ると良いとされています。
また、肌にはミネラルが多い硬水のほうがいいような気もしますが、実は軟水が正解。
刺激の少ない軟水は肌の弱い人にもオススメです。
ウォーターサーバーで軟水が多いのは軟水のメリットを考えての選択なのかもしれませんね。

天然水のウオーターサーバーが人気の理由は?

冷水と温水がいつでも使えるからミルク作りが楽

5度~6度前後の冷水と80度~90度前後のお湯が24時間いつでもすぐに利用できるため、赤ちゃんのミルク作りや離乳食作りにとても便利です。
また、冷蔵庫でペットボトルの水を冷やす必要もなくなり、コーヒーなどの温かい飲み物にも重宝するので、ポットもいらなくなります。

ボトルは返却不要!小さくたたんで資源ごみへ

空きボトルは小さくたたむことができるので、スペースを取らず、不燃ゴミもしくはリサイクルゴミとして捨てることができます。
ボトルタイプと軽量のパックタイプがありますが、パックタイプは小さくたたむことができ、ボトルタイプは水がなくなると自然にぺちゃんこになるのでつぶす手間もかかりません。

宅配業者が配達するから時間指定できるサービスも

水のボトルは宅配業者が送料無料で配達してくれます。
宅配業者なので留守にしていても再配達してくれますが、サービスによっては曜日指定や時間指定が可能なものもありますので、留守にすることが多い家庭におすすめです。

子育て中のママに人気のウオーターサーバー「コスモウォーター」

天然水宅配業者を選ぶ際に見過ごされがちなポイントの一つが、毎日お水を供給してくれるウォーターサーバーのことです。
せっかく体にいい新鮮な水をこだわって選んでも、水を供給するウォーターサーバーが不衛生になっていたら元も子もありません。
コスモウォーターのサーバーはその点にもしっかり配慮が行き届いており、ボトル内に空気が入り込まないようにすることで、雑菌の侵入を防いでいます。
しかも少量入ってしまう空気に関しても、特許技術を生かして殺菌するクリーンエアシステムで対応。
特別なケアが不要で、毎日新鮮で衛生的な天然水を楽しめる、安心のウォーターサーバーです。

赤ちゃんに安心な天然水のウオーターサーバー「フレシャス」

フレシャスは硬度21の超軟水に近い軟水の天然水を宅配してくれる、ひよこクラブ掲載のウオーターサーバーです。
水はボトルではなく7リットルの軽量パックのため女性でも交換が楽で、小さくたたんで不燃ゴミとして捨てられます。
配達エリアは沖縄及び離島などを除く全国に対応し、日にち指定や時間指定も可能なため、受け取りやすいのも人気の理由です。
水は富士山の標高1000m地点で、地下270mほどから採水しているとてもきれいな天然水です。
フレシャスはサーバーがおしゃれだから選んだという声も多く、電気代の安いエコサーバーは、ロングタイプとショートタイプを置き場所に合わせて選ぶことができます。

ミネラルの量で違うミネラルウォーターの硬度

一般的に市販されているミネラルウォーターは、水道をひねれば出てくる水や山で採れた自然水と比べて硬度が違うことがあります。
ミネラルは体にとって必要なものなので、積極的に摂取したい成分です。
そのため、食べ物などから摂るように心がけている人も多いかもしれません。
そんなミネラルを簡単に摂ることができるのがミネラルウォーターです。
ミネラルを摂る上では非常に優秀ですが、含有量が高いものになると日本人にとっては飲みにくいと感じることも多いようです。
ミネラルの含有量の多いものを「硬水」と呼び、反対に少ないものを「軟水」と呼びます。
そして最近では、ミネラルとともに不純物を徹底的に排除した「超軟水」といわれるものもあります。

日本人の体にやさしく不純物の心配がない水

ミネラルを多く含む栄養たっぷりの硬水であるミネラルウォーターのほうが、一見すると体に良いものと思われがちです。
しかし、実際には全部がそうとは言えません。
日本の水は昔から軟水が多かったので、ミネラル分が豊富に含まれる硬水を飲むと非常に飲みにくさを感じるばかりでなく、お腹を壊してしまうことがあります。
そのため、いくらミネラルを含んでいるからといっても、多量に飲むことは難しいでしょう。
赤ちゃんや子供など、まだ充分に発達していないお腹には、尚の事適していません。
それに対し、ミネラルや不純物を除いた超軟水はこのような体調への心配もなく、日本人の舌と体質に合ったものと言えます。

超軟水を生活に取り入れると良いこととは

普段飲む水を超軟水にすると、良いことがたくさんあります。 たとえば料理の時です。
日本人が毎日食べるお米を炊く時に超軟水を使うと、非常に甘くふっくらと炊きあげることができます。
料理にも非常に合いやすく、普段の料理の味を変えることもありません。
超軟水はRO水とも呼ばれ、ミクロン単位で不純物が徹底して取り除かれているため、私たちが日頃気になっている菌やウイルス、ダイオキシンなど、さまざまな不純物の心配もありません。
元々日本の水はミネラル分が少なめですが、この昔からの安心できる水をさらに安心にろ過したピュアウォーターなのです。
そのため、まだ小さい子供から大人まで安心して飲むことができ、赤ちゃんのミルク作りにも不安なく使用できます。